【注意勧告】バンコクで詐欺師女性に出会う

15時過ぎにタイ、バンコクのチットロム駅とサイアム駅の間の空中歩道(スカイウォーク)を歩いていたら壁に貼ってある地図を指差し英語で声をかけてきた女性がいた。

見たところ30代前半だろうか。

さほど美人ではないがかわいいかんじで丸っこい顔で人懐っこそうな女性だった。

タイ人か?でも英語ペラペラなのでマレーシア人?

道なんかそこらのネイティブに聞けよと思い立ち去ろうとすると腕を引っ張り地図のところへ連れて行かれる。

知っている場所なのでガイドしてあげた。

日本人と知ると盛り上がってシンガポール人だとか日本に先週行ってたとかバンコクは2泊ですぐ帰って仕事をしないといけないとか自分の事を次々話し出す。

そしてこちらへ質問もする。

こちらの帰国日のスケジュールを気にしていた。

入念にiPhoneのカレンダーを取り出してチェックするほど。

20分ほど話し込んでメールアドレス、氏名、電話番号を聞かれて自分は何も教えず帰っていった。

ざっと思い出した内容を箇条書きにすれば、

  • 英語で話し掛けてくる
  • 日本語勉強中で少し聴き取れる
  • 31才
  • 明日シンガポールに帰国する
  • 職はオフィスワーカー
  • 期間、職業を色々と質問をしてくる
  • 声かけたのはタイ人だと思ったから
  • 50代にみえない。若い
  • 日本大好きで1回行ってる
  • (有名なホテル名)に宿泊している
  • 日本語を勉強したい
  • 英語教える
  • 友達になろう
  • 日本人で初めての友達だ!
  • 電話番号とメール教えて
  • 帰国日いつ?
  • LINEは持ってない(シンガポールでLINEは登録出来無い)
  • 日本が大好き(何度も)

よくできた設定なのでその場はシンガポールの友達できた〜と喜んだ。

でも道を訪ねてせっかく教えたのに明らかに反対方向へスタスタ帰っていった。←怪しいと考えたきっかけ

そういえばiPhoneを取り出したので覗いたらAISでつながっていた。

これならタイでもGooglemapが使える。

ローミングのままでつかえないのか?と覗いて変だと思いつつその場はスルーした。

サーチすれば簡単に見つかる行き先を尋ねるなんておかしい。

シンガポールのオフィスワーカーなら文明の利器は使いこなせる。

タイのモバイルに少し詳しい奴を捕まえた彼女の失敗その一だ。

おそらく日本人観光客を見つけて声をかけて、

女「道を教えて」

私「地元じゃないから道はわからない」

女「日本人なの?」

で会話を始める予定だったと推測できた。

片言の英語で道を教えてさっさと立去ろうとしたのが想定外だったようでそこからJapaneseを引き出すまでの会話が引っかかった。

後に考えればタイ人と思って声をかけられ片言の英語だけで答えたのにどこの国から来たの?と聞かれる流れがおかしい。

俺はタイ人の設定のはず。笑

観光などせずこのあたりを彷徨き回って詳しい奴を捕まえたのが彼女の失敗そのニ。

嘘を突き通すならせっかく自分の案内した方向へ帰っていくべきだった。

道を案内できる想定をしていなかったのだろう。

あと行ったばかりという神戸旅行の内容も薄かった。

2泊の神戸旅行といったはずなのに回ったのは東京の名所ばかり。

おまけ程度で神戸のチャイナタウンに行ったとか。

東京観光にしておけばよかったのに変にリアリティにこだわるから。

情報が荒くて来日していないのが透けて見える。

明日シンガポールに帰国してコミュニケーションを摂るならこちらの日本の電話番号のはず。

帰国したら消えるタイの電話番号がなぜ必要?

またそのうちどこかで会いたいニュアンスをいってたが明日帰国前(という設定で)にタイの電話番号で急遽連絡を取りたいとしか思いつかない。

おかげで日本の番号知られなくて助かった。

メールは面倒なのでLINEを持ち出したが彼女はLINEがなにものか知っていた。

調べるとシンガポールでもマイナーだがLINE登録できる。

シンガポールではマイナーなのに知っていて登録できないとはこれいかに?

リアルアカウントしか持っておらず足がつくのを恐れたのだろう。

一つ引っかかると次々と崩れていく。

若い子相手ならナンパ目的の嘘もあるが50代相手なら詐欺絡みのキャッチしかない。

そこで、

「バンコク シンガポール人」でググると一発クリーンヒットした。

在タイ日本国大使館によると、現在バンコクのスクンビット通りやシーロム地区等で、「お金を貸してほしい」という詐欺師に、日本人が現金を騙し取られる事件が相次いでいるとのこと。被害者の多くは一人で行動している人で、中には一人で百万バーツを超える被害を被った例があったそうです。十分ご注意ください。 詐欺被害多発に関する注意喚起...

タイの電話番号はスマホの機能で着信拒否にした。

明日シンガポールに帰国すると伏線引いていたので明日昼間にでも財布を落としたか盗まれたかで帰国できないから助けて〜!ってメールが届く予定だろう。

推理小説好きじゃなくてもこの伏線回収が予想できる。

とりあえずホテルは名前が難しかったので適当なところいっておいてよかった。

押しかけられると面倒だ。

ニュースで300万も騙し取られるなんてあり得ないとも思ったが本当に人のよさそうな女性で明るく話してくるのでそこで騙されその後に泣きつかれたら引っかかってしまう人もいそう。

文章読んだら詐欺だろと思えるかもしれないが会っていると今でも詐欺師とは思えない。

もう少し精度が高い嘘だったら心積もりもできずヤバかった。。

そして「バンコク 詐欺」 でググると出るわ出るわいろんなパターンの詐欺が。笑

詐欺師と一緒に写真を撮っていた猛者もいたが証拠を残すのを嫌がるのでそれも一つの手だと感心した。

ただ名前と写真をセットで何に使われるか分かったものじゃないので撮らなくてよかった。

日本のオレオレ詐欺並みに巧妙で複雑なものもあるので読んでいると感心する。

詐欺師はよく喋る。

出会って分かった間違いない特徴だ。

これをきっかけにしてあの手この手で騙しにかかると思うので気をつけよう。

電話はつながらないようにしてあるのでどんなメールが届いても反応せず放置する。

無視すると場合によってはタイ警察から出頭命令ですなんてのもありそう。

ずっと先の記事の予定でしたがこのパターンの詐欺の情報がなく邦人の方が騙されないよう旅行記の詐欺の部分だけ切り出して取り急ぎアップしました。


その後の経緯はこちらに逐次更新します。

シンガポール女性が嘘を重ねて20歳くらい歳上の日本人男性を友達にという可能性も0.01%あるので(←あるか!)顛末まで更新します。

その日の夜にYahoo.comのドメインから今日会えてよかったという挨拶のメールを受信する。

アドレスはシンガポールにある島の名前になっていた。

まずはメールが届くか確認だろう。

財布とか貴重品を無くさないよう注意してねと返信しようと思ったがwwキレられると怖いので放置する。

翌日21時現在、電話もメールもコンタクトなし。

まさか本当にただのお友達なのか(←ナイナイ

2週間が過ぎコンタクトなし。

こちらの帰国直前にタイの電話番号から電話があったけれど出るのはやめておいた。

3回鳴っていた。

タイの電話番号は1年以上保有しており連絡先を教えたのはこれまで彼女だけなので帰国ギリギリを狙ってかけてきたと考えられる。

再度タイ旅行に来て貴重品を全て失くしたのでお金振り込んで欲しいみたいな設定だろう。

みなさんもご注意を。

おすすめ記事

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. しげ より:

    おらさん

    こんにちわ、タイを満喫していますね。
    タイは今の季節は雨降らないはずなのにPM2.5の影響で
    空気が良くないようですので外出る時はマスクした方がいいですよ。

    まだシンガポール女いるのですね。
    僕もまったく同じ手口でしたよw

    タイで一番怖いのは同郷の日本人です。。
    なんの仕事してるかわからないような人には近づかない方がいいです。
    日本人を狙っていますので。。
    (タイで引きこもりの著者の方も金銭トラブルで亡くなってしまいましたから。。)
    またタイ人は博打好きなのでギャンブルにも参加しないでください。

    お金を持たずに貧乏人の格好をしてるのが一番ですね。w
    ブログ引き続き楽しみにしています。

    • ohrat より:

      コメントありがとうございました。
      日本人がカモりやすいのはタイ人、外国人に加え在タイ邦人も危険ですね。
      日本人は全ての犯罪者からねらわれてますね。(T_T)
      観光日本人にはよく会いますが何か企んでそうな目つきの悪い日本人もたまに見かけます。
      できるだけ近づかないように努力します。