第四回タイ旅行記9日目 〜 ロビンソンのTOPS

雨が降っている〜♫

(いきものがかりの「風が吹いている」と勘違いして替え歌になっているが本人は原曲だと思い込んでいる。)

ダニ退治は未だ完全ではない。

シーツを替えてもチクチク攻撃は変化なし。

でも長袖と長ズボンのパジャマのおかげでチクチクは無防備の顔だけ。

仰向けになればそれも軽減される。

たまにパジャマの繊維をくぐり抜けて入ってくる奴もいるが睡眠導入剤でなんとか寝られた。

刺された跡がある訳ではないので普通の肌なら感じないのかもしれないが一瞬痒いのは間違いない。

あと6泊の辛抱ができるか分からないがヤバかったらホテルに退避する。

そして朝からシトシト降っていた雨がやんだ。

タイでもシトシト降る雨もあるらしい。

10:30頃部屋を出る。

気温28度、湿度78%

流石にこの数字はおかしい。

体感だと26度の86%という感じだ。

遠出のつもりだったが雨で出鼻をくじかれた。

飯は食べないといけないからBTSに乗るしかない。

もちろんタクシーやバイタクの選択肢もあるが乗らない。

オンヌットを超えたあたりでアソークで降りてターミナル21で昼飯と決めた。

パッタイタベタイ。

バンコクにパッタイ屋は意外と少ない。

日本でタイフェスなんかやるとやたらパッタイ推しなのにいざバンコクにいると探さないと見つからない。

たぶんターミナル21のフードコートにならあるはず。

11:10でこの混みよう。

そして揚エビパッタイ(52バーツ)を注文した。

安いし味はよかったが米粉麺が柔らかすぎて歯ごたえがない。

パッタイといえば自分の中では愛知県刈谷市の駅近くのタァナムタイというタイ料理屋が基準になっている。

通っていた頃まさかタイにこれだけやって来るなんて思いもしていなかった。

エビもこの価格ならおいしいしもう少し固めだと完璧なんだけど。

そしてイチゴ&バナナスムージー(35バーツ)

底の方を吸うとイチゴの種が歯に引っかかるが120円で飲める代物ではない。

少しバナナの味が勝っているがイチゴの味もしっかりある。

昼食は合わせて87バーツ。

大食漢なら料理2品でも150バーツで充分だ。

11:40頃になると相席不可避になる。

街のど真ん中のターミナル21でこれだけ安いので混むのもわかる。

見た目はタイ人ぽかったが相席に来た人が荷物をまるごと放置してフードコートに料理を買いに行った。

どこの治安のいい国から来たんだろうと気になった。

11:50には席を見つけるのも困難な状態だ。

食べ終わって邪魔なのでさっさと出る。

外も少し寒いぞ。

なのに気温は31度

気温計見つけたら買おう。

待ち合わせで名前が出てくるタイムズスクエアが斜め隣にあったので入る。

中の構造は昔のデパートみたい。

一階で男性と女性が入れ替わってサクスホンとピアノで日本の歌謡曲のようなメロディの英語の歌をジャズ風に流しているので余計に昭和な香りが漂う。

足を止めて聴いていたら日本のバラードもあった。

裏にはスタバがあるがもし目の前に喫茶店でもあれば1日居たいいい感じの場所だ。

緩やかに時間が流れる感じがしてターミナル21とは違った味わいがある。

そしてターミナル21横のロビンソン。

生活ブランド品を買うならここがよさそう。

値引率がメチャクチャでよくわからない。

そしてロビンソンのTOPSはTOPSの中でも品揃え最強じゃないだろうか。

自炊する気はないが肉の物価調査。

豚ステーキ 300g  82バーツ
鶏もも肉  800g 80バーツ
牛ステーキ 200g 140バーツ

豚は日本と同じか若干高い、牛は安いが見た目が微妙だった。

鶏はグラム34円なのでかなり安い。

まさかの危険なブラジル産か?と思ったが輸出もしているのでタイ国産だ。

但しタイ産も安全面ではそれほど高いわけでないらしい。

でも日本のブロイラーよりおいしいのは間違いないし日本の飲食店で国産若鶏って書いていない限りブラジル産なのでこちらの方が安全だ。

そして定位置のエカマイ駅ビルに。

かつやでロースの小さい方(149バーツ)を食す。

マックスバリューで買い物をして帰宅。

(自宅じゃないんだけど)

今日は雨降ったので涼しくて観光日和だった。

本日の移動

BTSベーリング→BTSアソーク→BTSエカマイ→BTSベーリング

おすすめ記事

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする