第四回タイ旅行記20日目 〜 チェンマイのコワーキングスペース

昨日部屋にチップを置き忘れて嫌な予感がしたが特に問題はなくてよかった。

今朝は忘れないようにしたい。

チェンマイに来て気になるもしくは気がついた事をいくつか。

まず細かいけど重要なこと。

チェンマイの歩道の赤と白の縁は絶対歩いてはいけない。

かなり滑りやすい。

2回滑ってこけてそのうち1回は30代前半と思われる綺麗な白人女性に助けてもらった。

不運なのか幸運なのか分からないが英語が話せたらお近づきになりたかった。笑

なぜコケやすいのか構造は分からないが塗料が安いのだろう。

その塗料は歩道と車道の境目をドライバーに示すためのもので歩行者のためではない。

2つめはターペ門周辺やMAYA周辺などチェンマイの中心地って供給過多になっている。

一攫千金求めて周りからチェンマイへやって来てるのかマッサージもそうだし食べ物飲み物のお店も客数に比べて過多だ。

閑古鳥が泣いている店も多いが人件費が安いから潰れないんだろうか?

普通は競争原理で安くなるはずなんだけど不思議と価格競争にはならずバンコク並の物価を維持している。

商店街のカルテルでもあるんじゃないかと疑いたくなる。

どこもかしこもガラガラなので混んでいるから良い店という判断基準が取れないのも困りものだ。

街から少し外れると急に安くなるので何か買ったりサービス受けるなら運賃払っても郊外へ行った方がよさげ。

3つ目はバンコクよりチェンマイの方がかわいい子が多い印象がある。

あくまで数日の印象なので文句は却下する。

総数ならバンコクの方が圧倒的に多いのは当然だ。

憶測ではバンコクの美人は大手企業の受付やキャンペーンガール、コヨーテ、ゴーゴーバーなどで普通の観光客には見えない場所に棲息している。

地方からバンコクに出稼ぎしている美人は一旗上げたいと考えているだろうから倫理観を捨て大金掴みたい美人やお金を貯めた人工美人がそちらの仕事に流れていく。

一方チェンマイのニマンヘミン辺りだとそこまでの覚悟はないけどショッピングセンターやバンコク並の価格のお店のサービス業が収入の頂点になるのでそれを目指してチェンマイや周りの人が応募してナチュラルな美人がサービス業に採用されやすくなっているんじゃないかな。

逆に夜の商売がバンコクに比べてイマイチというのは常識だ。

4つ目はチェンマイって親日ではない気がする。

バンコクほどお店でコミュニケーションを取ったわけではない。

もちろん微笑みの国は変わらないし仏頂面で仕事をしている人だって一定数いる。

特別扱いではないが他の人種と並んでいたりするとタイ人から明らかに優しい対応を感じたがここにはない。

他国と同じようなアウェー感さえある。

バンコクとはなにか違う。

深く比較確認してみたいが間もなく春節でネギカモが押し寄せるのでみんなそれどころではないか。

5つ目は、

禁煙文化が日本並み。いや以上かも。

個人的なイメージだがタイはナイトライフの街だから喫煙に関しては寛容だと思っていた。

しかしチェンマイのホテルもバンコクのホテルも全館禁煙で店舗にも灰皿を見たことがない。

ホテルの注意書きで1番大きいのは喫煙に対する罰金で2000〜5000バーツが相場だ。

歩きタバコをしているのもごく稀に白人か日本人で見かける程度。

ワイルドであちこちでタバコを吸っている人を見かける国だと思ったがその実は日本より禁煙先進国のようだ。

だからタイに移住したい喫煙者は禁煙を見当したほうがいい。

6つ目は、

タイ人は歩かない。

歩道を歩いているのは100%外国人だ。

タイ在住者に聞いて気になって歩行者をチェックしていたが本当だ。

バンコクは人でごった返していて気がつかなかった。

タイ人は歩くのが大嫌いらしい。

歩かないのにみんなスリムなのはなんでだろう?と尋ねたら太っているタイ人はいくらでもいて外に出ないからいないように見えるだけらしい。

そんなものなんだ。

昨日は3時に寝たのでまだホテルで寝ていたいが10時に出る。

気温23度、湿度61%

涼しくて気持ちがいい

土日はMAYAも10時オープンらしい。

また地下のフードコート近くのパン屋とスーパーマーケットで朝食を調達する。

このフードコートにテレビが備え付けられておりMAYAの店舗を紹介する情報番組を流している。

刺し身の盛り合わせを紹介しておいしそうに食べていた。

その番組の効果音が明らかに変なのだ。

女性の短い「ワーォー」という声に音楽が付いているのだが日本だとエッチな例えばスカートが捲れ上がったとか女性の胸が見えそうになるとかそんな場面で使われる音響効果だ。

2日連続で何度も聴いているので間違いなく場面転換や要所の効果音として使っている。

日本人男性だと無条件反射でテレビに目を向けてしまうことだろう。

もちろんタイ人は素知らぬ顔で食事をしている。

テレビの効果音ですら国によって違うものだと感心した。

ちなみに刺し身を出す店は1年前にタイに訪れた時より増えている。

タイ人が好んで食べるのか中国人がイナゴのように押し寄せて好んで食べるのかは不明だがとにかく多い。

露店で温度管理もされずにプチ寿司が売られてもいる。

(先日の余市にて)

露店の中の販売数からすれば少ないがそれでも買っていく人がいる。

タイには日本料理はもとよりイタ飯屋も多いし中華料理、インド料理、韓国焼き肉だって普通にある。

食事を終えてMAYAの5階にあるコワーキングスペースCAMPへやってきた。

ここも携帯電話会社のAISが資本もしくは提携している。

コーヒー(65バーツ)1杯で1日中利用できる。

24時間営業だがMAYAが閉まっているときにどこから入るのかは分からない。

トイレに行く人もいたり出入口のチェックは無いのでもしかすると何もオーダーしなくても自由に出入できる。

このあたりはマンペライな感じ。

何か注文するとWiFi接続のパスワードをもらえる。

2時間制限と書かれていたのでオープン回線のWiFiを利用し続けたければ2時間ごとになにか頼めばいい。

自分は使い放題SIMがあるので特に問題はない。

奥側の席、

入口側の席、

バルコニーのような外側の席で、

全て木の椅子だ。

部屋の中はひえ過ぎなので外があるのはいい。

どの席も電源タップはついている。

但しトイレは内側に無いのでMAYAの設備を利用するため一旦出る必要あり。

バンコクで入ったAIS DCのように図書が並べられているわけでも無いので雰囲気は漫画のない漫画喫茶って感じだ。

それでも白人はバリバリ仕事をしておりタイ人は喫茶店のようにゆっくり休んでいるか休日なので学生が集まって勉強をしていた。

寒く感じたらバルコニーの席に移動すればいいので居心地はいい。

パソコンを開いてマウスを置き仕事をしている雰囲気を出しスマホで読書をした。

そしておもむろにパンツを探し回る。

ターミナル21で買ったシャツが2枚多いので同数のパンツを用意すればあと1回の洗濯で帰国できる計算になる。

MIYAはワコールを含め女性用はあるが男性のアンダーウェアは見つからない。

外に出て店舗を回り何とか見つかったのがLEEのブリーフくらい。

トランクスを使っているので無理だ。

一旦諦めて昨日と同じやよい軒でかなり遅めの昼食にした。

かつとじ定食(159バーツ)

タイのカツヤの方が美味しいがここにないものは仕方がない。

あとで気がついたがお釣りが100バーツ少なかった。

意図的な行為に取れる。

その理由は請求書がないこと。

昨日の精算の時も不思議に思ったし他の客にもそうだったがタイでは常識な黒いケースに入った請求書をこの店は発行していない。

フードコートを除きタイに来てテーブルチャージじゃないどんな小さい店でも食事の請求書は必ず出てきた。(フードコートは領収書がもらえる)

それを意図的に使わず引っかかりそうな外国人観光客にお釣りの寸借詐欺を常用していると受取れる。

おそらくその場で文句を言った人だけには返すのだろう。

リスクが少ないが店の信用はガタ落ちだろう。

昨日は169バーツに対して200バーツで支払ったのでやれなかったんだと推測する。

自分もすぐにお釣りを確認しなかったのが悪いが日本のチェーン店でタイで最初に寸借詐欺らしき被害に合うとは悲しい。

こんな経験タイにきて累計50日経って初めてだ。

まだ安かろう不味かろうの店のほうがまし。

従業員の管理もできなきゃ早めに店畳んで撤収した方がよくない?

まさか会社の方針で請求書も領収書も出さないとしたら終わっている。

勘違いと思いたいが怪しすぎるので二度と行かない。

これまでタイでこの手の被害にあってないけど皆さんも日本のチェーン店だから安心と気を緩めないようにしましょう。

特に1000バーツや500バーツで支払うときね。

それから苛ついてパンツを探すが見当たらず。

バンコクならいくらでもあてがあるがチェンマイで確実なのはユニクロしか思い浮かばない。

そしてユニクロはとても遠い。

ユニクロ行くのにソンテウにどうやって説明するんだろ。

あー面倒だ。

ランドリーショップも近くで見つからないし。

しばらく歩いていたら脚の右付け根が痒くなってきた。

ダニやら騒音やらで不眠症だしチェンマイに暖かさ以外の価値を見いだせないしもうめんどくさい。

ブツブツブツ…と歩いていた。

夜市のあるショッピングセンターをぶらっとするとトランクスというより赤塚不二夫の漫画に出てきそうなステテコパンツのような下着を見つけた。

1枚59バーツで3枚118バーツらしい。

これならタイに履き捨てでいいと3枚買った。

もしこのパンツを見つけなかったらホテルに戻り最短で帰国できるようドンムアンと中部空港までの旅費がいくらかかるか見積もっていた。

5万円以下で戻れるなら帰っていた。

その衝動を抑えたのがこのパンツだった。

今でもノーチャージで帰国できる又はバンコクに泊まれるなら移動したいのは山々だ。

残り6泊のチェンマイ滞在もつのだろうか。。。

おすすめ記事

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. しげ より:

    おらさん

    いつも楽しく拝見させて頂いております。
    寒い時期、花粉の時期のタイ滞在はほんといいですよね。

    タイ人は大人でも計算できない人が多いというか
    数字が苦手な人が多いと思います。
    またレシートもあっても出てこない場合もありますので
    レシートくださいと言った方がいいです。
    また両替もそうですが必ずその場で確認した方がいいです。
    (両替はあくどいと1000バーツとか抜き取られますので。。)
    特に料理の注文もレシートの内容と違うこともあるので
    タイ人は必ずお会計の時にレシートの内容と注文内容をチェックします。

    チェンマイは美人の産地ですからねえ、
    日本人のおっさんとチェンマイの女子大学生との国際結婚とかもありますから。
    チェンマイ大学付近に行ってみるといいですよw。

    チェンマイはヨーロッパー人は中国人に大人気ですので
    ターペー門とか中心街は観光客物価で年々上がってますね。。
    ムフフはカラオケ(カフェーといいますがステージで歌っている子で気に入っている子が居たら花飾りをかけてあげると席に呼べたりします。)とかに行くのがいいですが、中国人のお金持ちのおっさんが多いですね。。。 
    昔は日本人がたくさん居たんですけどね。。。

    日本食もいいですが
    チェンマイならガイヤーン、カオソイ、チェンマイソーセージなど
    ビールにとても合いますよ。
    (果物も安いですね。メロンとか日本と味が変わらないものが1つ40バーツとかでありました。北海道メロンってシール貼ってましたがw)

    もう日本に帰国してると思いますが
    これに懲りずにまたタイに滞在して今後のタイ旅行記書いてくださいね。
    タイ語学校とか英会話学校とかに行けばもっと交友関係も広がると思いますので
    では。

    長文失礼いたしました。

    • ohrat より:

      毎度コメントありがとうございます。
      そうなんですよね。
      何度かいくと言葉の壁がどんどん高くなっていく気がして。
      やはり簡単な会話が出来るだけで多くのストレスが無くなりそうなので是非タイ語学校に行きたいです。
      チェンマイは移動手段がソンテウだけだと辛いです。
      余程のことが無ければ行かないと思いますがバンコクは今年あと二回行きます。
      バンコクは大好きです。
      年末にはバンコクのついでにまたパタヤにも行きたいです。
      ただ民泊のベッドが怖いので宿泊費が問題で長期は厳しいですが。。