第四回タイ旅行記21日目 〜 チェンマイ3つのショッピングセンター

出国して3週間経過した。

まずはステイタスから

生活費 43860円(夜遊び別)

使用モバイルデータ量 13.4GB

気分 金がかからないなら帰国したい

体調 不眠症と胃が重いがほぼ健康

生活費は想定内だが出来ればもう少し節約できれば1月の家計簿は予算内に収められたが仕方ない。

SIMは9GBではなく30日使い放題パッケージにして正解だった。

テンションは最低かもしれない。

タイで読み始めた小説を読み終えるまでは帰国までの暇つぶしとして助かっているがあと2〜3割で読み切るのでその後が心配。

一応ググってチェンマイで行きたいところがないか探しているが見当たらない。

チェンマイの知人はオプショナルツアーのエレファントキャンプに参加したらとアドバイスしてくれるが残念ながら全く興味がない。

ニマンヘミン周辺でだとフードコート付きで長時間休憩しても問題ないショッピングセンターといえば

  • MAYA(メーヤー)
  • ONE NIMMAN(ワンニマン)
  • Kadsuankaew Theatre(ガートスアンゲーオ)

この3つしか見つかっていない。

今回はグーグルで見つけたというより足で見つけたショッピングセンターだ。

MAYAの4階はフードコートぽいが店が集まっているだけで地下が本来のフードコートになっている。

4階は何度か回ってみたが食べたい料理が見当らないので結局一度も利用していない。

煉瓦造りのようなONE NIMMANはお土産に特化した小規模ショッピングセンターでフードコートも観光向けで本当にここチェンマイだよな?というほど高いので使っていない。

このショッピングセンターは一方通行で全ての店を必ず通過させるIKEA方式を取っている。

入ったら最後途中で逃げられない。笑

他のお土産屋さんも参考にするといいのかも。

でもタイの日中のお店はどこも客引きをしないので成り立っているが他の国のお土産屋でこれをされるとその国の行きたくない場所ランキングトップに名を連ねるのは確実だ。

唯一物価がバンコクに近く夜市のあるガートスアンゲーオがリーズナブルだし食べたい料理にも困らないし横にTOPSもあるのでMAYAまで行くのも面倒になり最後はここに居着きそう。

ブログでは出てきていないがニマンヘミンの街は広くないので一通り徒歩か自転車で回っているが他に興味のある場所はなかった。

さてノープランで外に出た。

10時前

気温22度、湿度73%

歩いていて初めてランドリーショップを見つけた。

洗剤の匂いが漂ってきて気がついた。

タイ人か文字が読めないとパッと見ではなんの店か分からない。

外観はクリーニング店やランドリーショップではなく洗濯屋が当てはまりそう。

ここは何度か通っている道だ。

このあたりの道はグーグルマップ見ながら歩かないと迷うのでマップに載っていないものを目の前ですら見落とすことが多い。

グーグルに支配されているようで嫌だな。

1kgアイロン付きで50バーツ、アイロンなしだと35バーツだった。

いい店を見つけた。

ホテルか約2km離れたEM’s laundry2号店に持っていくつもりだったので助かった。

明日洗い物を持って行こう。

場所(自分用のメモ)

入れ墨屋の数メートル上にある。

とりあえず大通りをMAYA方向へあてもなく歩く。

最近の楽しみは車を避けながら道を渡ること。

特にMAYA前の交差点は往来が激しく車を止めないよう走り抜けるのが楽しい。

いつものMAYA地下のフードコートでパン(40バーツ)とラテ(30バーツ)を食す。

この丸っこいお気に入りのパンが何物か分かった。

韓国の胡麻餅パンだ。

オリジナルがこれだけおいしいのか分からないがこんなパンが作れるのなら韓国人には国際社会でも良識のある対応を期待したい。

日本でも食べたいが1個34円なので気にせずパクパク食べているのであって100円といわれると多分買わないな。笑

次は5階のCAMPへ行く。

MAYA地下で朝食、CAMPで読書、そしてお昼もMAYA、ONE NIMMAN周辺をふらつきホテル方面の夜市に寄って買い食いしてガートスアンゲーオに入ってフードコートで夕食を取りTOPSか二階で買い物をして帰る。

これが当面のルーチンのようだ。

バスかソンテウでどこかに行こうという思考もあるがそのどこかが思いつかない。

MAYAよりも大きなショッピングセンターがチェンマイにあるなら行ってみたい程度。

あと空港付近と北東のかなり遠いところに一つずつショッピングセンターがあるらしい。

空港の方はスマートバスに乗って行ってみてもいいかな。

そしてCAMPのバルコニー側の立てば眺めの席で、

読書する。

そして昼はやよい軒以外で探す。

欺られた店にノコノコいくほどお人好しではない。

それに読んでいる小説が、スラム街の少年が少しだけ成り上がり同じ地区の貧しい少女のスリにあってそのスリを大規模ギャングの本拠地に拉致されているのを知って単独で急襲しスリを殺す目的を果たすため邪魔するギャングの大半も殺戮する所業の主人公に肩入れしているのも行かない要因だ。

これだけ聞けば鬼畜な主人公の印象しか持てないだろうが最初から読めば彼の行動原理には納得できる意味がある。

この「切り取り」がいわゆる偏向報道の基本だ。

また遅めだったので昼食と夕食兼でMAYAの中のCoCo壱番屋にした。

スクランブルエッグカレー(140バーツ)って高くない?

でも従業員が笑顔でまともならいいか。

味はもちろんココイチそのまま。

支払いで1000バーツと端数を5バーツ分出したらこれ2バーツだから多すぎと笑顔で説明してくれた。

もちろん領収書を発行してもらって支払った。

どこへ行っても基本こんな感じのタイだからやよい軒の愛想の無さと請求書も領収書もない会計はおかしい。

そして自分は忘れっぽいが執念深い性格であることを再認識した。

CAMPに戻りGPDWIN2でブログを校正しようと思ったら起動しない。

GPDの画面が明らかにやばいエラーを吐いてる。

HDDエラーに見えるが何とか変なシェルを抜けてWindowsを起動させてHDDチェックをする。

しかしノーエラーだった。

再起動しても同じエラーなのかシェルのプロンプト状態で止まる。

タイに持ってきてからキーボードが効かなくなったりオーディオのエラーが出たり怪しかった。

ウィルスチェックは引っかかっていないので帰国したら修理に出そうとすぐにググってこちらのサイトの情報で、

BIOS情報がおかしくなっているのでBOOTオプション1をWINDOWSに直したら起動した。

BIOSが勝手に書き換わるってヤバイだろう。

障害情報を見たが無数の問題抱えている製品だとわかった。

文章を直すのではなくパソコンを直す羽目になるとは。笑

夕方になったので夜市へ歩いていく。

あれ屋台が一軒もない。

日曜休みなのか。

残念。

個人の屋台なので休みも必要だよな。

横のスタバに入ろうかと思ったが100バーツもあれば中のフードコートでスムージーと食事ができるのでやめた。

貧乏旅行だ。

フードコートで今日はトマトスムージー(25バーツ)を注文した。

面倒なのでスムージーでまとめてきたが正確には氷と果物とシロップをジューサーにかけているだけなのでシェイクだろう。

トマトの青臭さを感じるがトマト缶ジュースよりは酸味もフレッシュでうまい。

皮も種もまるごとなので体によさそう。

外で飲んでいたら蝿が集ってきた。

屋台が無いので蝿も飢えているんだろうか。

このビル入る度に新しい発見がある。

奥の方にも綺麗なフードコートがあった。

ここは休日限定かな?

チェンマイのニマンヘミン旅行の拠点にはMAYAよりもいいと思うのでこの付近でホテルを探すのはあり。

どこに居たって遠出はバスかソンテウしかない街だ。

ガートスアンゲーオの問題点はトイレが奥の方で数が少ないことかな。

数はMIYAも大差ない。

あとはTOPSで久々にサラダとシーザーソースとパンを買って食べた。

おすすめ記事

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする