第四回タイ旅行記28日目

今日がタイ旅行最終日。

正確には明日だがAM2:15フライトなので実質ラスト。

28泊29日ではなく27泊28日が正しかった。

最後の週のステイタス

生活費 59840円(夜遊別)

使用モバイルデータ量 約22GB

気分 寒い冬に逆戻りか…

体調 風邪のみ、他は健康

生活費はおおよそ1日2000円ペースだ。

日本の生活に毛が生えた程度なのでこのペースなら経済的には移住も可能だろう。

殆どマッサージを利用しなかったのが大きい。

ダニ、騒音、エアコンで入眠障害になっていたが足は痛くないし物理的に身体の調子は悪くなかったのでなんとか過ごせた。

薬を飲まなくていい程度に風邪は回復に向かっているがしぶとい。

モバイルデータ累計は月が変わってリセットされたので正確にはわからないが20Gを超えたのを見たので22G程度使っているはず。

帰国についてとにかく一旦日本に帰ってしばらく日本の料理を食べて自宅のベッドでゆっくり寝たい。

移住なんてムリムリというのがホンネ。

料理とベッドのどちらかがなんとかなれば可能性はある。

安定した睡眠を得るならある程度ランクの高いホテルじゃないとベッドが辛い。

そうなると宿泊費がかさむので難しい。

長くて2週間程度のタイ旅行を年に何度かするなら退職後のように香港、台湾、マレーシアあたりをぐるぐる回っていた方が楽しいか。

しばらくしたら方向性を考えてみよう。

さて帰国用パッキングも終えた。

卓上扇風機とダニ対策寝間着ズボンを捨てた。

第一回タイ旅行前に購入した扇風機は毎回持っていってるが全く使わないことが分かったので未練を断ち切るため捨てる。

いつまでも持っていると次の旅行でも持っていってかさばるだけだ。

チェックアウトして外に出る。

気温31度、湿度66%

数字よりかなり暑い気がする。

1月と2月のタイの平均気温って数字では大差ないが体感は全然違う。

3月に知人と観光のためのタイ旅行の予定だが死ぬほど暑そうだ。

チェンマイの知人が子供の夏休みは3/1~5/20って言ってたような気がする。

おそらくタイ人でも暑くてリゾートへ繰り出す時期に行くのは間違っているのではないかと考えてしまう。

中国へ行きたくなくて代替え案として言い出したのは自分だがやめるよう説得しようかな。

MRTでスクンビット駅に移動して毎度のターミナル21のフードコートでカオマンガイミックス(37バーツ)を朝食兼昼食にした。

このカオマンガイの塩加減が絶妙すぎる。

おそらく普通の人は店の前にある調味料をかけてちょうどよくなるよう調理されていると思うが自分に取っては何もかけないプレーン状態がベストだ。

鶏肉自体はタイとしては平均的だがこれで120円はありえない。

この旅最後のターミナル21のラテ(35バーツ)は…

崩れたハートマークか。

占いに使えるかも。

今日やるべきことは2つだ。

昨日失くしたお土産を買い直す。

ドンムアン空港からエアアジアで帰国する。

空港へは21:00過ぎに向かいラウンジ2つをはしごしてフライトまでの時間を潰す。

21時までどーしよう。

風邪さえ治ってたらあーだこーだ色々やれることはあった。

とりあえずターミナル21は人混みがひどいので出る。

さよならーターミナル21

そしてTOPSでお土産と爪切りを買った。

これが高い。

225バーツだ。

日本だって800円近く支払えば高級爪切りが買える。

女性用のブランドらしくオーストラリア製品だがこんなのタイで作れるだろう。

マツモトキヨシ辺りに行けばもう少し安い爪切りもあっただろう。

なぜ爪切りかといえば無駄な時間を避けるためだ。

あれはあれでよかったが。

まだ風邪が夕方には治ると諦めていない。

なんのこと?こっちのことさ。

アマリンプラザへ移動した。

日曜日でも空いているので嬉しい。

とりあえずここで夕方まで読書して考えよう。

夕方になり寒気がしてきた。

鼻水出てぶり返している。

仕方がないので薬を飲んでボーッとしていた。

つまらん。

粘った。

もう無理と20時にアマリンプラザを出てドンムアン空港へ向かう。

モーチットでかなりの時間A1バスを待った。

最近運がよかったのだろう。

あまり待った記憶がないのでたかが14台のバスを待つのがこのままバスが来ずに間に合わないんじゃないかと錯覚すらさせた。

チェックイン時間の締切まで4時間以上もあるのに。

サクサクと1番カウンターの奥にあるエアアジアのセルフチェックイン機でチェックインを済ませる。

今回はパスポートを自動機でスキャンしたのでボーディングゲートで止められることはない。

そして見渡すと、

中国人の団体が結構並んでる。

タイ在住中国人の春節休暇の出発だろうか。

今日はまだ春節前日なのでもし明日帰っていたらひどい目にあっていそうだ。

ドンムアンの街に行って何か買い食いでもしようかと思ったがチャイニーズパワーで保全検査に待たされるのは嫌なので22時にはエアサイドに入ることにした。

とりあえず便は予定通りのフライトだ。

その5分後に千歳空港の便もある。

空港使用料が安いためこの時刻にしているか分からないが恐ろしいほど暇になるので出来れば朝一番か帰国して電車が走っている時間にして欲しい。

中部とドンムアン間の就航時点は往路、復路ともいい時間だったが途中で変更になっている。

早すぎてまだゲート番号が出ていない。

まずは保全検査を抜けてすぐのコーラルラウンジへ入る。

こちらは初潜入。

規模としては旧ミラクルラウンジと同じサイズだ。

足元に電源があるのが助かる。

料理はキレイに並べられているが、

おかわりしたのはパスタだけであとは全体的にイマイチだった。

大好きなクロワッサンもうーんという感じで海苔巻きは地雷といえる。

国内線でもミラクルで食事を取っておりコーラルでまともに食べたのは初めてかも。

寒いのでフリースを着る。

真冬用の靴下を履く。

0時頃、すでに腰が痛い。

これから6時間のフライトはとてもじゃないがヤバそう。

エアコン効き過ぎでこのまま座っていると腰痛が悪化しそうなのでラウンジを出て空港内を歩く事にする。

ゲートが確定したので念の為チェックして登って入る新ミラクルラウンジへ。

和洋折衷なモダンな造りになっている。

奥には寝転がれるスペースがある。

残念ながら全て埋まってたので寝転がるつもりで7人掛け位の椅子を占領した。

奥のシート以外はガラガラなので大丈夫だ。

料理の見栄えは

コーラル負けず劣らず、

味はコーラルとどっこいどっこい

スイカはおいしかった。

そして横になった。

誤って寝てしまった場合に備えてアラームをかけた。

そして搭乗。

チケットはZONE3だった。

3が最初に呼ばれるのかなのかと思ったら通常通りZONE1からだ。

あれ、ホットシートって最初に乗れる筈だが。

眠くてムカついたので適当な英語で文句を並べたら入れてくれた。

予約してから途中でエアバスの機体が変更されていたのでシステムの問題で通常シートにダウングレードしていないかと焦ったが席はちゃんとホットシートだった。

みんなグースカ寝ていたがあの座席で寝れる体質が羨ましい。

倒れそうになりながら中部国際空港へ到着する。

帰りは偏西風に乗ったのか5時間だった。

眠くてマジで危なかったのでサブウェイで朝食を買って名古屋鉄道の指定席で帰路についた。

帰気温11度だが大して外気に晒していないのでそれほど寒くもないが夏の気温で1ヶ月暮らしてきて突然冬がやってきたので体がおかしくなりそうだ。

長期に渡りご覧いただきありがとうございました。

次回は3月に行くかもしれないし、行かないかもしれません。

現在インフルエンザと戦っているので治ってからメインブログの退職しようの更新を再開する予定です。

おすすめ記事

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする